CB400F-?TとF-?U


CB400Fには408ccのと398ccの2種類あったのは、CB400Fのオーナーであれば常識ですが、CB400FにはCB400F-?TとCB400F-?Uがあったのはご存知でしょうか?

細かい違いしかないのですが、F-?Tは皆さんご存知のコンチネンタルハンドルのカフェレーサータイプのCB400Fです。

F-?Uの方は、エンジンの違いはなく、ハンドルをアップタイプに変更して、ライディングポジションをリラックスにしています。
その他は、乾燥重量が2キロ軽くなっている以外は外見上見受けられません。

もともと、CB400FのベースとなったCB350Fが、F-?Uのようなライディングポジションだったので、需要に答えた形だったのでしょう。

いろいろな意味で、CB400Fはそれまでの400CCクラスにエポックメイキングなモデルであったことは間違いありません。

この当時に免許制度の変更で、CB750Fが欲しかった人のホコ先がCB400Fに向いたのは間違いなかったでしょう。

その当時、CB750Fと人気を二分していた、カワサキのZ2(RS750)の中型バージョンのバイクとして発売されたZ400は2気筒のタイプで、インラインフォーに集合菅をつける事に憧れていた人は、CB400Fを選んだ人も多かったのではないでしょうか。

他のメーカーの400ccクラスは、まだ2ストロークでしたからね。

それに、この頃の憧れの、ヨシムラ手曲げの集合マフラーもCB400F用を販売していました。

全国で延べ60万人が愛用の発毛促進剤が今なら無料でもらえる!






・・・・・・・・・CB400Fでタイムスリップ!TOPページへ・・・・・・・・

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。