CB400Fが始動しない


CB400Fが始動しない!

CB400FでメインキーをONにしてもライトなども点灯しないでエンジンが始動しない場合は、まずはバッテリーあがりを疑ってみましょう。

そのほかは、最近のバッテリーではあまり点検する人はいないかもしれませんが、ターミナル部分の腐食や緩みも考えられます。

この緩み対策としての方法としては、ナット側に付いているスプリングワッシャを新しく交換して、八分目位締める。

サンデーライダーであれば、バッテリ上がりでCB400Fが始動しない事など日常茶飯事なのですが、そのぶん忘れがちな事もあります。

出先などで急にCB400Fのエンジンが始動しなかった時にあったのは、ハンドルのキルスイッチがオフになっていた事があったのです。
この時は以外にも気が付かず時間を取られてしまっいました。

自分でオフにしたつもりが無くて、おそらくイタズラで切られていたのだと思いますが、ハンドルにヘルメットを掛けたりした時に、触ってしまっている事もありますので、注意してください。

CB400Fでしばらく、エンジンを始動していないときは、最初はキックスタートをするようにしましょう。





・・・・・・・・・CB400Fでタイムスリップ!TOPページへ・・・・・・・・





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。