CB400Fのヨシムラキット


CB400Fオーナーが当時まわりから言われていたことは何だったかと言うと、マワリの400ccオーナーは、2ストロークが全盛期で4ストロークは音だけで遅いとか言われて悔しい思いをした方が多かったのではないかと思います。

その当時の走り屋と呼ばれる人のバイクは、ヤマハのRD400やスズキのGT380などで、シグナルGPでは250ccも強敵だったのではないでしょうか。

しかし、私が始めて乗った、CB400Fは信じられないようなヨンフォアでした。
それは、ヨシムラの手曲げマフラーはもちろんの事、後にヨシムラから発売される事になった、CB400F用のエンジンキットで、54パイピストンで、458ccにボアアップされたものでした。

このCB400Fは、とてもカワサキのZ400に置いていかれそうになっていたバイクとは思えないどころか、2ストロークさえついて来れないほどでした。

この、ヨシムラのキットを組んだは、なんとレッドゾーンを超える1万回転オーバーまで回り、最高速もメーター読みで約190キロを記録したほどで、ゼロヨンも軽く13秒を切っていたほどでした。

この、ヨシムラのキットは今は、入手出来ないらしく、マフラーも手に入るのは、機械曲げだけみたいだ。

気長に探すか、ヨシムラに直接問い合わせてみようかな。

全国で延べ60万人が愛用の発毛促進剤が今なら無料でもらえる!







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。