CB400Fを手に入れる


CB400Fといえば発売当時、それまでのインラインフォーの常識であった、4本マフラーを採用せず、なんと4in1という、ヨシムラなどに代表される集合マフラーを装着して登場したのです。

CB400Fの発売は、自動二輪の免許制度が大きくかわった頃で、400CC以上のバイクは、大型免許が必要になりました。
CB400Fが発売された当時は、408ccのタイプがありましたが、免許制度の関係でそれほど販売されなかったみたいです。

CB400Fの408ccのタイプは、CB400FのベースとなったCB350Fのエンジンをベースに海外向けに改良と排気量アップをしたものだったようです。

その後、398ccのタイプのCB400Fが主流に販売を伸ばして行く訳ですが、その当時学生だった私には、327,000円と、とてつもなく高価なCB400Fに手が届くわけもなく涙をのんで、CB400Fを横目に兄貴のカワサキKM90に乗っていました。

CB400Fのカラーは、レッド・濃いブルー・イエローの3種類だったような記憶があります。
CB400Fのデザインをそのままに、CB550Fもあったので探してみましたが、生産台数が少ないせいか、中古で見かけることもほとんどありませんでした。

CB400Fくらい古い絶版車になると、修理時のパーツが心配になりますが、ホンダの場合は、古くても受注生産で手に入るパーツもありますし、以外にも純正以外で揃うパーツは多いのには驚かされました。

CB400Fは、メッキなどを施した金属パーツが多いので、かなり磨きがいがあります。

エンジン性能こそ、新しいバイクにかないませんが、空冷インラインフォーの排気音は、CB400Fに乗っている時、30年前にタイムスリップさせてくれます。

cb400fのヨシムラのストレート機械曲げマフラーは楽天市場で購入しました。
     ↓
バイクショップ はとや

☆数量限定!!超強力キャバ嬢口説きマニュアル!!!
狙ったキャバ嬢を自分のものに!




CB400Fのヨシムラキット


CB400Fオーナーが当時まわりから言われていたことは何だったかと言うと、マワリの400ccオーナーは、2ストロークが全盛期で4ストロークは音だけで遅いとか言われて悔しい思いをした方が多かったのではないかと思います。

その当時の走り屋と呼ばれる人のバイクは、ヤマハのRD400やスズキのGT380などで、シグナルGPでは250ccも強敵だったのではないでしょうか。

しかし、私が始めて乗った、CB400Fは信じられないようなヨンフォアでした。
それは、ヨシムラの手曲げマフラーはもちろんの事、後にヨシムラから発売される事になった、CB400F用のエンジンキットで、54パイピストンで、458ccにボアアップされたものでした。

このCB400Fは、とてもカワサキのZ400に置いていかれそうになっていたバイクとは思えないどころか、2ストロークさえついて来れないほどでした。

この、ヨシムラのキットを組んだは、なんとレッドゾーンを超える1万回転オーバーまで回り、最高速もメーター読みで約190キロを記録したほどで、ゼロヨンも軽く13秒を切っていたほどでした。

この、ヨシムラのキットは今は、入手出来ないらしく、マフラーも手に入るのは、機械曲げだけみたいだ。

気長に探すか、ヨシムラに直接問い合わせてみようかな。

全国で延べ60万人が愛用の発毛促進剤が今なら無料でもらえる!





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。